髄膜腫(ずいまくしゅ)

    髄膜腫(ずいまくしゅ)

    髄膜腫とは

  1. 髄膜腫は、脳を包む膜から発生する腫瘍で全脳腫瘍の約20%を占めます。最近は頭部MRIで偶然見つかることも多くなりました。髄膜腫の殆ど(90~95%)は組織学的に良性です。しかし、まれに急速に大きくなる悪性髄膜腫も存在します。
  2. 症状について

  3. 腫瘍が小さいうちは無症状のことが多いですが、徐々に大きくなると、脳を圧迫するため症状が現れてきます。
    圧迫によって引き起こされる症状は場所によって異なりますが、片方の手や足の麻痺・しびれ、視野狭窄、複視(物が二重に見える)、ふらつき、けいれん発作などがあります。腫瘍がかなり大きくなると、脳圧が亢進して、頭痛や嘔吐といった症状になることもあります。
  4. 治療について

  5. 髄膜腫は殆どが良性の為、症状がない場合には一般に、腫瘍が増大するか否かの経過を観察します。
    症状を伴って発見された場合は、原則的には外科的治療をお勧めします。
担当医師紹介について 診療時間について お電話でのお問い合わせ:03-6202-3376
担当医師紹介について 診療時間について
お電話でのお問い合わせ:03-6202-3376
トップへ戻る