頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい??ほんとうに?? ~医療情報の正確性について

投稿日:

 先日、ある有名な医療系の情報誌で驚くような見出しを見つけました。「頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい」

 これまで、子供が階段から落ちたとか、自転車で転んで頭をぶつけたとかといった子供の頭部外傷を日々みてきましたが、たいていの場合、「何ともなくてよかったですね。またけがをしないように気をつけてくださいね」とお話しして、めでたしめでたし、おしまいになります。しかし、この見出しは、頭にけがをした子供が、昨今の教育現場で増えてきている学習障害の一つ、注意欠陥多動性障害(ADHD)に将来なりやすいと言っているではありませんか。大変驚きました。

 あわてて、根拠となっている論文を探してきて読んでみました。
論文は、「Secondary Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Children and Adolescents 5 to 10 Years After Traumatic Brain Injury」でJAMA Pediatrics誌 2018年5月号に掲載されています。

 3~7歳の間に頭部外傷を経験した子供81人を約5~10年間追跡し、頭部外傷を経験していない子供106人と比べて、二次性ADHDを発症するリスクが高くなるかどうかを検討しています。結果は、重度の意識障害があった重症群で、二次性ADHDの発症リスクが高くなるというものでした。
 一方で、意識障害が中等度あるいは軽度であった場合、発症リスクは正常群と有意な差はありませんでした。そもそも、この検討は画像に異常がある症例に限定されており、実際の日常診療で最も多い、意識障害もなく画像上の異常もない超軽症例は検討から除外されていました。

 つまり、正確な言い回しをすると、「重症の頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい。しかし、軽症例や中等度の頭部外傷ではADHD発症との関連は不明」ということになるのです。
 重度の意識障害を伴う重症頭部外傷では、脳の損傷も大きいことが多く、将来的に後遺症として高次脳機能障害が問題となることは必然的なことです。小児であれば、高次脳機能障害は学習障害として顕在化することになるでしょう。
 しかし、今回の論文結果は、重症例に限ったことなので、意識障害や画像上の異常がないような超軽症の子供まで、学習障害のリスクを心配する必要はありません。このことを、患者さんのご家族には誤解のないようにご理解いただきたいものです。

 このように、不安を煽るようなセンセーショナルな見出しが付けられたり、言い回しがされたりすることは、医療情報サイトや医療系テレビ番組で時にみられます。その内容がどこまで正確であるのか見極めることは、医療者でないとなかなか難しいのかもしれません。
 医者は安易に「大丈夫です」などと断言はしないもので、様々な可能性に対して予防線を張ります。私も、手術前の説明をするときには、「可能性はゼロではありません」とまどろっこしい言い回しを繰り返してしまったものです。
 しかし、誤解を与えるような医療情報を信じて、必要以上に不安を感じて受診されてくる患者さんには、あえて「大丈夫ですよ」と言って安心させてあげるのも、医者の仕事なのかなと思います。
 頭のことで何かご心配なことがあれば、どうぞご相談にいらしてください。

頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい

担当:武川


八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

当ブログについて

JR東京駅徒歩4分・地下鉄日本橋駅徒歩1分、八重洲クリニック 脳神経外科のブログです。脳神経外科専門医が、脳や神経の疾患とその症状(頭痛、めまい、痺れなど)について、わかりやすく解説いたします。

各カテゴリー内でよく読まれている順に並んでいます。

まだデータがありません。

>>めまい

最近の投稿

RSS 乳腺外科ブログ

RSS 循環器内科ブログ

RSS 睡眠時無呼吸症候群ブログ

アクセス

住所
東京都中央区日本橋2-1-10
柳屋ビルディング2F

電話
03-6202-3376

診療時間
月~金: 9:00~21:00
土  : 9:00~18:00

リンク