物忘れには正常加齢によるものと病的認知症の初期段階とがあり、早期診断が重要となります。物忘れ外来では、ちょっとした物忘れが病的認知症によるものかどうかを診断し治療を行います。

最近、こんな物忘れ・変化はありませんか?

記憶があやふや
・同じことを言ったり聞いたりする。
・人と会う約束や日時を忘れる。
・最近の出来事を思い出せない。(食事をとったかどうか覚えていない など)
・物をなくしたり置き忘れたりする。
・水道やガス栓の締め忘れが目立つようになった。
・物の名前が思い出せなくなった。
今まで出来ていたことが出来ない…
・今まで出来ていた作業がこなせなくなった。
・簡単な計算の間違いをする。
なぜかやる気が出ない…
・今まで好きだった物に対して興味、関心がなくなった。
・服装や身だしなみに気をかけなくなった。
・日課をしなくなった。
時間や場所がわからなくなる
・時間や場所の感覚が不確かになった。
・慣れているところで道に迷った。
性格が変わった
・ささいなことで怒りっぽくなった。
・以前よりもひどく疑い深くなった。

物忘れの種類について

物忘れには、年齢による「正常な物忘れ」、認知症になりやすいとされる「軽い物忘れ」や「病気による物忘れ」があります。
病気による物忘れであっても、早期発見や適切な治療を行うことによって回復するものもあります。また治療の方法が無いとされてきたアルツハイマー病などでも適切な薬物選択や生活指導を行うことで症状の改善を期待できます。
当院では「物忘れ」を早く発見し、適切な治療につなげられるように、専門医による診察、神経学的検査、神経心理検査、画像検査などを用いて、総合的な診断・治療を行います。

物忘れの種類

・年齢に伴う物忘れ
・軽度認知機能障害
・認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症など)
・治療により回復する物忘れ(慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、うつ病 など)

軽度認知機能障害とは

軽度認知機能障害は認知症ではありません。しかし、まったく健康な状態でもなく、年齢に伴う物忘れと認知症の間の段階とお考え下さい。
軽度認知障害の人は、将来必ず認知症になるとは限りませんが、そのまま治療を受けなくても半数は認知症にならないと言われており、逆に言うと治療を受けなない方の半数は認知症になる可能性があります。

認知症とは

認知症とは、何らかの脳の障害によって、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいいます。以前は、このような状態を「痴呆」と言われていましたが、倫理・道徳的に問題点があるということで厚生労働省で検討会が行われた結果、平成16年12月から正式に「認知症」となりました。
認知症は、大きく2つに分類されます。
・アルツハイマー型認知症
・脳血管性認知症

アルツハイマー型認知症とは

認知症はその原因から、いくつかの種類にわけることができますが、その中でも最も多いのは、アルツハイマー型認知症で、全体の約50%を占めています。

加齢による物忘れと認知症の違い

人は加齢によって物忘れが増えていきます。この加齢による物忘れと認知症は一見似ているように見えますが、認知症は「起こったことをすっかり忘れてしまう」という特徴があります。
例えば、加齢による物忘れは「夕飯を食べた事は覚えているが、何を食べたのか思い出せない」のに対し、認知症は「食べた事を思い出せない」といった違いがあります。このため、認知症の方はご飯を食べたばかりでも「ご飯はまだ?」と言ったりするのです。

加齢による物忘れと認知症の違い

早期発見・早期治療の大切さ

アルツハイマー型認知症は、放置していると進行していきます。明らかな症状が出る頃には、脳がだいぶ萎縮してしまっていることが多く、現時点では治す方法がありません。しかし、幸いなことに今は進行をゆるやかにする良いお薬があります。このため、認知症という病気は、初期の段階で正しく診断し、治療により進行を遅くすることが重要となるのです。

画像検査によるアルツハイマー診断

アルツハイマーの早期診断にはMRI検査での画像診断が有効です。
MRI検査では、はっきりと目に見える症状のない時期から病気による脳の変化(萎縮)を知ることができます。
検査は30分のあいだ横になるだけですので検査を受ける方への負担は少なく、磁気を用いるため被爆もありません。

 


TOPへ