MRI画像「めまい」というと、「ぐるぐる回るめまい(回転性のめまい)」を思い浮かべると思いますが、「頭がふわふわする」や「体が宙に浮いたような感じ」も、めまいの一種です。めまいの出方が違うのは、めまいを起こしている原因が違うためで、めまいには大きく3つに分類することができます。

1つ目が「脳からくるめまい」、2つ目が「耳からくるめまい」、3つ目が「循環障害や内科的要因からくるめまい」です。

その中でも「脳からくるめまい」には、脳梗塞や脳出血の初期症状として起こる場合があり、危険な病気を手遅れになる前に適切に診断する必要があります。
当クリニックのめまい外来では、主に「脳からくるめまい」を診療しています。

脳からくるめまい(中枢性めまい)の主な特徴

・ 原因は主に脳幹・小脳の障害(診療科:脳神経外科、脳神経内科)
・ フワフワ浮いた感じ、ふらつき、動揺感などがあります
・ 立てない、歩けない、舌がもつれるなど麻痺の症状がある場合は、危険なめまいの場合があります。

代表疾患

脳出血、脳梗塞、脊髄小脳変性症、脳腫瘍など
病気については、「脳・神経の病気解説」をご覧ください。

耳からくるめまい(末梢性めまい)の主な特徴

・原因は主に内耳の障害(診療科:主に耳鼻科)
・症状のめまいは強く、グルグル回ることが多い
・耳鳴り、聴こえ難さ、耳がふさがった感じがあることが多い
・頭の位置を帰るとめまいがする

代表疾患

メニエール病、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴、前庭神経炎
※回転性のめまいだからと言って末梢性のめまいとご自身で判断されるのは大変危険です。当院耳鼻科(神経耳科)の受診をお勧めします。

AIC八重洲クリニック 耳鼻咽喉科(神経耳科)

その他のめまい(循環障害や内科的要因からくるめまい)

うつ病・うつ状態・パニック障害・不安障害などでもめまいを発症することがあります。
これらの起因となるものがストレスや自律神経の乱れによるものなのです。また、血圧が急激に変動し脳に送られる血液量が不安定になり、めまいが起こることがあります(循環障害)。

代表疾患

高血圧、低血圧(起立性低血圧※)、不整脈、低血糖、貧血、などがあげられます。当院循環器内科の受診をお勧めいたします。
※起立性低血圧 急激に体を動かしたことによる血圧の低下が考えられ、一般に起立性低血圧症といわれています。

AIC八重洲クリニック 循環器内科

当クリニックでの、めまい診断・検査

症状による区別

めまいの性質や随伴症状(ずいはんしょうじょう)で、めまいの種類・基礎疾患の有無を鑑別します。

1.めまいの性質 
2.めまいの程度 
3.めまいの持続時間 
4.生活環境 
5.めまいが頭や体を動かしたときに起こるか否か 
6.耳鳴り、難聴の有無 
7.脳神経障害の有無 
8.眼球の動き

ご自分のめまいの症状をよく観察して、医師にお伝えください。

検査

脳からくるめまいが考えられる場合

脳血管障害や脳腫瘍などの基礎疾患を原因とするめまいも考えられるので、小脳機能検査、必要に応じてMRI又はCTによる画像診断を実施します。

耳からくるめまいが考えられる場合

当院耳鼻咽喉科(神経耳科)への紹介の後、耳鼻科領域の検査、必要に応じてMRI又はCTによる画像診断を実施します。

循環障害によるめまいが考えられる場合

循環障害によるめまいを疑う場合は、当院循環器内科へ紹介の後、循環器領域の検査、必要に応じてMRI又はCTによる画像診断を実施します。

診療方針

当クリニック脳神経外科では、「脳からくるめまい」の診断・治療・フォローアップを行い、耳鼻咽喉科(神経耳科)にて「耳からくるめまい」の診断・治療・フォローアップ、精神科循環器内科にて「その他のめまい」の診断・治療・フォローアップを行っています。

 


TOPへ